錠剤タイプのプロポリス

プロポリスは、健康効果や美容効果に大変優れている健康補助食品です。
プロポリスを摂る方法は、主に2つ。
昔から親しまれている原液タイプ、飲みやすい形状の錠剤やカプセルタイプです。

プロポリスは健康効果が高いのですが、味や香りが独特で飲みにくいという特徴があります。
ですから、無理なくプロポリスを摂りたい方は、錠剤やカプセルがオススメです。
しかし、原液タイプはうがい薬として使えたり頭皮マッサージに使えるので、原液タイプが使えないということは決してありません。
プロポリスを手軽に摂れる錠剤やカプセルタイプ。
それぞれの形状について簡単に説明します。

錠剤タイプは、プロポリス独特の味をコーティングで抑えているので飲みやすくなっています。
錠剤タイプは胃で溶けずに腸まで届く加工も施されているのです。
錠剤タイプなので、持ち運びが便利で保存もしやすいので簡単に扱いやすいというメリットがあります。
カプセルタイプと比べて、形状的に飲みやすいという特徴もあります。
錠剤タイプのデメリットは、錠剤として固める際に凝固剤が使用されていることです。
ですから、錠剤タイプを選ぶときには固める成分をチェックしておくと安心です。

カプセルタイプは、錠剤タイプと同じようにプロポリスの味を感じにくくなっており、栄養成分が腸まで届きやすくなっています。
カプセルタイプは、高濃度のプロポリスの成分をそのまま摂れることが最大のメリットです。
カプセルタイプのデメリットは、持ち運びに向いておらず保存方法は錠剤タイプよりも難しいということです。

錠剤タイプとカプセルタイプは、メリットが異なるのでどちらが良いとは一概にいえません。
好みや生活スタイルに合ったタイプを選ぶと、無理なく摂ることができます。
また、プロポリスは薬ではないので、飲んだからといってすぐに健康効果が現れるわけではありません。
ですから、継続的に摂る必要があります。
継続的にストレスなく摂るためにも、自分に合ったプロポリスを選んでくださいね!